広島東洋カープの鈴木誠也さんは、将来性抜群の若き4番です。

プロ野球の広島東洋カープは、2016年セリーグ優勝チームであり今年も優勝に近い成績を残しています。
ここ数年、チームは、いい若手選手とベテランが混じり力を発揮しているようです。
広島は、他チームと違い市民球団として資金力が劣ると言われています。

しかし、生え抜きの選手が練習を積み重ねて強豪チームになりました。
中でも、4番を打つ鈴木誠也さんは、ミスター赤ヘルを継承する若き主砲です。
現在、プロ入り5年目の選手ですが、メキメキ頭角を現わしホームランを量産しています。

鈴木選手は、東京の出身であり高校時代は、投手として活躍しています。
チームでは、1年生からエース格で地元では有名な選手として注目されます。
しかし、甲子園を目指して頑張りましたが、3年間1度も出場できませんでした。

しかし、投手としての才能とバッターとしても、高校通算43本のホームランを打った鈴木選手は、プロの目にとまります。
2012年には、広島カープからドラフトにかかり、2位で入団する事になります。
本来ピッチャーである選手ですが、チームは打者として期待するようです。

背番号の51番は、メジャーで活躍中のイチローを目標にチームは用意します。
そんな鈴木誠也選手は、実力が発揮できるのは2016年の去年からです。
チャンスに好成績を残し、サヨナラホームランを打って監督を喜ばせる試合もあります。

その時、生まれた言葉が、「鈴木は神かがっている」になります。
今年も活躍をしている鈴木選手は、4番の成績を残し真のミスターカープに近づいています。

サッカーJリーグ「横浜FC」に所属する三浦和良選手。

サッカーJリーグJ2「横浜FC」に所属する三浦和良選手についてのレビューです。
今なお、現役にこだわり続け走り続けるキング三浦和良選手こと三浦和良選手。
現在50歳になります。

その衰え知らないサッカーへの情熱と探求心により、見る人の心を魅了している愛すべき名選手です。
サッカー選手としてのキャリアは既に30年を超えています。
サッカーという激しいスポーツを50歳過ぎまで現役でしかもプロとして行うというのは、まさに異例のことであります。

これまでの長いサッカー人生の中で様々なことがありました。
三浦和良選手がサッカー選手として活動をはじめたころは、日本にはまだプロサッカーリーグはありませんでした。
15歳の三浦和良選手は単身プラジルに向かい、18歳でプロ選手として契約し、サッカー選手として現在まで活躍しています。
ブラジルから帰国後は、当時日本リーグの読売クラブに所属します。

その後1993年、Jリーグの発足に伴いヴェルディ川崎に所属し初代のJリーグMVPとして大活躍し、創設まもないJリーグを背負う看板スター選手として華々しく活躍します。
以降、イタリア、クロアチア等への海外リーグへの参戦、Jリーグへの復帰など繰り返し
複数のチームを渡り歩きました。

ハーフマラソンで完走を目指すための練習。

去年からの目標である、ハーフマラソンに出るということ。
この冬に達成できそうです。
マラソン大会にエントリーしました。
ハーフマラソン、クォーターマラソン、ファミリーマラソンなど、いろいろなコースがありましたが、もちろんハーフマラソンにエントリーです。申し込みはコンビニの機械でできるので便利ですね。
支払いも済まし、あとは本番を待つのみです。

しかし、ここに来て少し心配なことが出てきました。
膝の痛みです。
週2回ほど練習で走っているのですが、5ロを越えたあたりからじわじわと膝が痛くなってきます。
サポーターも使っているのに、走るフォームが良くないのか、治りません。

ゆっくり走ったり、ランニング用のソックスを履いたり、いろいろ試したのですが、毎回痛みが出てしまいます。
そのせいで、練習では12キロほどしか走っていません。
本番はプラス約10キロあるので、走り切れるかすごく不安です。

ハーフマラソンに出ることが目標でしたが、出るからにはもちろん完走したい。
途中で諦めず最後まで走り切りたいのです。
走る前のストレッチを念入りにしたり、自分に合ったスピードを心がけたりしながら、本番までもう少し練習を頑張ろうと思っています。