農家酒場 どはってん、奈良県橿原市にある地元野菜をたっぷり味わえる居酒屋

店名:農家酒場 どはってん
住所:奈良県橿原市久米町(近鉄橿原神宮前駅中央出口からすぐ)
電話:050-5890-8900

どはってんは、地元奈良産のお野菜を中心に、大和肉鶏、大和ポーク、牛乳の出汁が効いている飛鳥鍋といった郷土料理をリーズナブルな価格で味わえます。

居酒屋ですが、どはってん店内はお酒を飲まないグループでも入りやすい和やかな雰囲気となっており、開放感がありながら静けさもあるといった感じです。

家族連れからビジネスまで使え、ご当地名物の鹿サイダーもあるので、お子さまも楽しめます。

どはってんの新鮮なお野菜を食べると、市販の野菜が物足りなくなるほどの甘さがあり、鶏などのコラーゲンたっぷりのお鍋を頂いた次の日は、お肌がすべすべになるのを感じるので、若い女性からも大人気のお店です。

季節に応じた限定メニューも豊富で、四季の変化を舌で感じられる素敵なお店です。

そして、意外と知られていないのがお米の美味しさで、隠れた人気メニューのお漬物の盛り合わせや出汁茶漬けであっさり食べるのも良し、卵かけごはんで頂くのも良し、また、お鍋の〆で雑炊にしても抜群に美味しいです。

もちろん日本酒発祥の地と言われる奈良だけに、どはってんはアルコール飲料も豊富に揃っています。

割烹ちゃんこ 大内、両国にある孤独のグルメで有名な絶品ちゃんこ鍋の店

「孤独のグルメ」のロケ地としても有名な「割烹ちゃんこ 大内」。
劇中でも描かれた通り、大内は一人でもちゃんこ鍋が食べられるというありがたいお店です。

ドラマのようにお昼に飛び込みで鍋を食べることはできないそうですが、夜なら絶品ちゃんこ鍋にありつけますよ。

刺身やてんぷら、各種一品料理も充実していますが、やはり大内おすすめはちゃんこ鍋。
ちゃんこ鍋にもいくつか種類がありますが、ドラマでも取り上げられた「鳥そっぷ鍋」が人気です。

鶏肉と鶏つみれ、野菜の優しい味わいのスープ鍋を味わうことができます。
鳥そっぷ鍋は一人前で2750円ですが、かなりのボリューム。

2人でも一人前で十分なくらいです。
大内の店員さんが目の前でお鍋の支度をしてくれるので、それを見る楽しみもあります。

この鳥そっぷ鍋で特に注目したいのが、鶏つみれです。
鶏の臭みがまったく感じられず、ショウガが効いて口に入れるとフワフワ、ホロホロ。

つみれがあまり好きではない人でも、おいしく食べられる絶品です。
ホタテの貝殻に盛られて提供されるという演出もいいですね。

50席でカウンター席とお座敷があるという、広めの店内。
横綱の大内が始めたちゃんこ屋ということで、彼の写真やゆかりの品々が飾られており、雰囲気も抜群です。

店名:割烹ちゃんこ 大内
住所:東京都墨田区両国2-9-6
電話:03-3635-5349

大かまど飯 寅福、アトレ松戸のレストラン街にある和食レストラン

店名:大かまど飯 寅福
住所:千葉県松戸市松戸1181 アトレ松戸7階
電話:047-312-4520

大かまど飯 寅福は、千葉県松戸市のアトレ松戸のレストラン街がリニューアルされ、新しくできた和食レストランなので、店内はとても綺麗で居心地がよい造りです。

寅福の店内にはテーブル席、カウンター、掘りごたつ式のお座敷席があり、赤ちゃん連れのご家族から年配の方までくつろぎやすいスペースとなっています。
店員さんは皆さんとてもハキハキとしていて、対応が良く、気持ちよく食事をするように声をかけてくれます。

大かまど飯 寅福はご飯にとてもこだわっていて、新潟産の厳選米を店内の大羽釜で炊き上げるため、いつでも炊き立ての美味しいご飯を食べることができます。
ご飯は白ご飯、雑穀ご飯、季節の炊き込みご飯の3種類から選ぶことができます。

寅福のランチは、5,6種類の和定食を選ぶことができて、揚げ物、煮魚、お刺身、てんぷらなど自分の好みに合ったものを食べることができます。
ご飯のおかわりもできて、1,000円から1500円くらいの価格となっています。

寅福のディナーは、単品料理やお酒も色々な種類が揃っているので、お酒を飲みながら食事を楽しむことができます。

しゃぶしゃぶ食べ放題なら、きんのぶたアクロスプラザ八尾店がおすすめ

オープンしたて、とても新しい店舗の『きんのぶた』をご紹介します。

きんのぶたは、八尾市にできたアクロスプラザの中の一角にある、しゃぶしゃぶ食べ放題、特に豚しゃぶが美味しいお店です。
牛肉も食べたい、という方は少し料金を上のせすれば牛肉もしゃぶしゃぶが楽しめますよ。

きんのぶたのしゃぶしゃぶは、たくさんあるおだしから2種類を選べるのがポイントです。
なかでも私のおすすめは、ゆずだし!
豚バラなどはかなり脂分が多いのですが、ゆずのおかげでさっぱり食べられます。

きんのぶたは、野菜やマロニー、おもちなどのお鍋の具ももちろん食べ放題。
サラダやローストビーフ、揚げ物も好きなだけ頼めるオーダーバイキング制です。
取りにいくスタイルではないので常に出来立てのものがいただけるのがポイント。

席も隣が近くない大きなテーブルなので、カップルでもファミリーでもまわりを気にせずしゃぶしゃぶを楽しめます。

きんのぶたは、できたばかりの店舗なのできれいなのはもちろん、スタッフもみんな張り切っていて気持ちのいい接客をしてくれます。
しゃぶしゃぶを思いっきり食べたい、というときにはおすすめのお店ですよ。

店名:きんのぶたアクロスプラザ八尾店
住所:581-0023 八尾市都塚4丁目45番1号
電話:072-923-4129

梅の花 四日市店、三重県四日市市にある豆腐メインの創作懐石料理店

店名:梅の花 四日市店
住所:三重県四日市市波木町2083-3
電話:059-320-2032

梅の花は、三重県四日市市内にある、お豆腐・湯葉料理をメインにした懐石をお店です。
コース料理が主体で、安いコースなら2000円程度から食べられます。

梅の花は、お豆腐と湯葉のお店なのでボリュームが心配でしたが、品数が多くお腹がいっぱいになります。
それぞれ味付けや盛り付けが工夫されていて、飽きることなく完食できます。

選ぶコースによっては、お肉や揚げ物も組み込まれています。
揚げ物もあって若い人にもいいし、餡かけのお料理はお年寄りにも食べやすく、お豆腐は赤ちゃんでも食べられます。

梅の花は、個室の数も多いので、親戚一同が集まるのに良さそうです。
案内のチラシには、還暦や米寿のお祝いに使うちゃんちゃんこの貸し出しサービスや、お食い初めのコースなどが掲載されていました。

店名の入ったマイクロバスが停まっていたところを見ると、梅の花は送迎サービスもあるようです。
どの席からもキレイなお庭が見えて雰囲気が良く、穏やかな空気が流れています。

梅の花は、店員さんも年配の人が多く、お料理の説明をはじめ、接客が落ち着いています。
駅から近くないのが難点ですが、駐車場は十分が広さがあり、道も分かりやすく迷うこともなさそうです。

築地ふじむら、おいしいマグロを食べたいならここに決定!

築地市場が豊洲に移転してしまい、もう築地では新鮮ておいしいマグロは食べれないの?と思っている方、とても多いと思います。
それは大きな間違いです。

店主の目が確かなら、市場そばでなくてもおいしいマグロは食べれます。
このお店、築地ふじむらが、それを証明してくれるでしょう。

築地ふじむらは、大通りから一本入った細い道にあり、そこにも何軒かおしゃれなお店があるので、通り過ぎてしまうかもしれません。
雑居ビルの地下にあるので、そこは注意していかないとダメです。

11:30からランチオープンするのですが、オープンと共に近隣サラリーマンがどんどん入っていきますので、通り過ぎてしまったロスタイムはかなり痛いです。

築地ふじむらのお店の雰囲気として、あまり長居は出来ませんので回転は悪くないですが、席数が少ないので私は三組待つようならその日は諦めています。
さて、11:30ちょうどに運良く通り過ぎず、店に入れました。

築地ふじむらのランチメニューは、刺身定食とあじフライ定食なとありますが、なんといってもおすすめは、マグロの脳天が入っている刺身定食です!!

初めて食べた時は、そのしっかりした量とマグロの旨みが染み出てくる、その味にびっくりしました。
煮物ではないのに、刺身なのに味が染み出てくる、この感想、伝わりますか?

ちなみにごはんは1杯はおかわりできますが、2杯目からは別料金です。
みなさま、築地ふじむらをお試しあれ。

店名:築地ふじむら
住所:東京都中央区築地2-14-12
電話:03-3541-8268

村こし、うなぎの本場浜松市で上うなぎ重に舌鼓

店名:うなぎの村こし
住所:静岡県浜松市中区中央1-10-1
電話:053-456-5454

私の出身は浜松市です。
浜松には創業1877年の老舗中の老舗『うなぎの中川屋』という有名なお店があります。
しかしながら、新幹線の停まるJR浜松駅からですと車で30分ほどかかってしまうため、お客様を中川屋まで連れていくことがなかなかできませんでした。

そう思っていたところ、中川屋の支店『村こし』がJR浜松駅から徒歩圏内にできました。
村こしができたことによって、140年以上も続く伝統の味が街中で楽しめることになったのです。

駐車場もありますので、車での来店も可能。
遠方から知人や親せきが来ると、必ずこちらの村こしに案内しています。

村こしのおすすめメニューは「上うなぎ重 3,700円」です。
器いっぱいにうなぎが鎮座。
香ばしさが立ち上ってきます。

ふわっふわの食感で、タレは普通でややさらりとした感じ。
うなぎ本来の味と香り、そして脂をを楽しむことのできる重になっています。

ウナギも大きいですがご飯の量も他店と比べると多いので、男性でも大満足の一杯です。
一緒についてくる肝吸いも塩加減がちょうど良くて美味しいです。

村こしの店員さんは、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
シャキシャキ動かれているのですが、「一人一人に丁寧に」という感じではなかったです。