昭島駅南口近く、「すき家」は深夜のオアシス!

すき家 昭島南口店は江戸街道沿い、JR昭島駅南口より徒歩五分の場所にあります。
近くにコインパーキングはありますが、駅チカなのもあり、徒歩で訪れる用の店舗なのかなーという印象です。
すき家 昭島南口店の店内はあまり広くなく、カウンター席のみだったような気がします。

かつての帰り道にあり、ちょいちょい利用していたのですが、我が家はもっぱらテイクアウトのみでした。
我が家は牛丼ならすき家派です。松屋でも吉野家でもダメ、すき家しかありえません。
周辺には某お弁当屋さん、某カレー屋さん、某牛丼屋さんなどありテイクアウトが可能なお店も結構あるのですがお安く、早く、種類も豊富なので我が家のテイクアウトはもっぱらこちらばかりでした。

サイズもミニからメガまで6種類もあり、こういうきめ細かい視点が好きです。
メインの牛丼も9種類もあるのに、ほかにもカレー、うなぎ、こだわり丼、豚丼とあり、カレーなどのメニューもそれぞれ多種類あるので飽きることはありません。
気軽に立ち寄れていつ行っても空いていて、そんなに待たされない、そして美味しい。
深夜の牛丼って美味しいんだよなぁ~。

店名:すき家 昭島南口店
住所:東京都昭島市昭和町5丁目14-17
電話:0120-498-007

肉山(武蔵野市吉祥寺北町)でお肉をどっぷり堪能。

店名:肉山
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-20 藤野ビル 2F
電話:0422-27-1635

なかなか予約が取れないことで有名の焼き肉店の「肉山」ですが、味は間違いありません。
コースがおすすめで飲み放題なしだと5,000円で、飲み放題付きのコースは10,000円になりますが、普段飲めないような貴重なお酒も並んでいるので、10,000円払う価値は間違いなくあると思います。

肉山では、コース序盤からかなりボリューミーなお肉が次々と出てきます。
出てくるお肉などは全部店員さんが焼いてくれているので、かなり楽です。

焼き加減はかなりレア目なのですが、しっかりとして肉の味をたんのうできます。
コースの中盤ではエリンギや野菜も出てくるので、休憩ができます。

コースの最後には〆として卵かけご飯かカレーを選ぶことができるのですが、私はカレーを選ぶことが多いです。
お店はかなり分かりにくい所にあり、初めて行かれる方は少し早めに到着しておいた方がいいかもしれません。

また、肉山はかなり量があるので、おなかを極限にまで減らしていくことを強くおすすめします。
肉山に行けた方は会計時に次の予約が取れることがあるので、可能であれば予約すべきです。

住宅ローン審査が甘いと後で払えなくて困ることになる件。

自宅購入時の借入は、現在では、給料の6掛けになっているそうです。
私が家を買った際の住宅ローン審査では、8掛けで借りれました。
背景には、審査を甘くして支払いの金額を多くすると、返済不能の危険が多いということが浮き彫りになっていることと、転職する人が増えたことにあります。
続きを読む

広島東洋カープの鈴木誠也さんは、将来性抜群の若き4番です。

プロ野球の広島東洋カープは、2016年セリーグ優勝チームであり今年も優勝に近い成績を残しています。
ここ数年、チームは、いい若手選手とベテランが混じり力を発揮しているようです。
広島は、他チームと違い市民球団として資金力が劣ると言われています。

しかし、生え抜きの選手が練習を積み重ねて強豪チームになりました。
中でも、4番を打つ鈴木誠也さんは、ミスター赤ヘルを継承する若き主砲です。
現在、プロ入り5年目の選手ですが、メキメキ頭角を現わしホームランを量産しています。

鈴木選手は、東京の出身であり高校時代は、投手として活躍しています。
チームでは、1年生からエース格で地元では有名な選手として注目されます。
しかし、甲子園を目指して頑張りましたが、3年間1度も出場できませんでした。

しかし、投手としての才能とバッターとしても、高校通算43本のホームランを打った鈴木選手は、プロの目にとまります。
2012年には、広島カープからドラフトにかかり、2位で入団する事になります。
本来ピッチャーである選手ですが、チームは打者として期待するようです。

背番号の51番は、メジャーで活躍中のイチローを目標にチームは用意します。
そんな鈴木誠也選手は、実力が発揮できるのは2016年の去年からです。
チャンスに好成績を残し、サヨナラホームランを打って監督を喜ばせる試合もあります。

その時、生まれた言葉が、「鈴木は神かがっている」になります。
今年も活躍をしている鈴木選手は、4番の成績を残し真のミスターカープに近づいています。

サッカーJリーグ「横浜FC」に所属する三浦和良選手。

サッカーJリーグJ2「横浜FC」に所属する三浦和良選手についてのレビューです。
今なお、現役にこだわり続け走り続けるキング三浦和良選手こと三浦和良選手。
現在50歳になります。

その衰え知らないサッカーへの情熱と探求心により、見る人の心を魅了している愛すべき名選手です。
サッカー選手としてのキャリアは既に30年を超えています。
サッカーという激しいスポーツを50歳過ぎまで現役でしかもプロとして行うというのは、まさに異例のことであります。

これまでの長いサッカー人生の中で様々なことがありました。
三浦和良選手がサッカー選手として活動をはじめたころは、日本にはまだプロサッカーリーグはありませんでした。
15歳の三浦和良選手は単身プラジルに向かい、18歳でプロ選手として契約し、サッカー選手として現在まで活躍しています。
ブラジルから帰国後は、当時日本リーグの読売クラブに所属します。

その後1993年、Jリーグの発足に伴いヴェルディ川崎に所属し初代のJリーグMVPとして大活躍し、創設まもないJリーグを背負う看板スター選手として華々しく活躍します。
以降、イタリア、クロアチア等への海外リーグへの参戦、Jリーグへの復帰など繰り返し
複数のチームを渡り歩きました。

夜中に慌てて福島に行く時刻表を調べることに。

トイレに行って寝ようと思ったら父が「明日福島へ行く」と言い、出掛けるのが朝早くだったので急いで時刻表を調べることになりました。
福島の知り合いのところに行くと夕方急に思い立ったそうですが、そういうことはこんな時間に言わずもっと早く言ってほしいです。

行くところが福島でも水郡線というローカル線の駅で、新幹線を使わず普通だけで行くと言うので時刻を調べるのが面倒でした。

水郡線というのが本数がかなり少なくひどい時は2時間以上電車が来なくて、この時間に合わせるのに何時に乗ればいいのかを調べて、東京方面からだと水戸からと郡山の二通りの行き方があり、二通り調べないといけないので時間がかかりました。

調べた結果家を6時前に出ないとお昼には着けず、深夜バスに乗って電車を乗り継いでいくことになりました。

それが調べ終わってすぐにこんな夜中なのに福島の知り合いからメールが来て、今家を直していて仮住まい中なので来るのは今度にしてくれとのことで、福島へはしばらく行けなくなりました。

メールをもっと早く送ってくれれば調べる必要はなかったし、もっと早く行くことを言ってくれれば慌てて調べることなかったし、とにかく夜中に面倒なことをさせてくれました。

ハーフマラソンで完走を目指すための練習。

去年からの目標である、ハーフマラソンに出るということ。
この冬に達成できそうです。
マラソン大会にエントリーしました。
ハーフマラソン、クォーターマラソン、ファミリーマラソンなど、いろいろなコースがありましたが、もちろんハーフマラソンにエントリーです。申し込みはコンビニの機械でできるので便利ですね。
支払いも済まし、あとは本番を待つのみです。

しかし、ここに来て少し心配なことが出てきました。
膝の痛みです。
週2回ほど練習で走っているのですが、5ロを越えたあたりからじわじわと膝が痛くなってきます。
サポーターも使っているのに、走るフォームが良くないのか、治りません。

ゆっくり走ったり、ランニング用のソックスを履いたり、いろいろ試したのですが、毎回痛みが出てしまいます。
そのせいで、練習では12キロほどしか走っていません。
本番はプラス約10キロあるので、走り切れるかすごく不安です。

ハーフマラソンに出ることが目標でしたが、出るからにはもちろん完走したい。
途中で諦めず最後まで走り切りたいのです。
走る前のストレッチを念入りにしたり、自分に合ったスピードを心がけたりしながら、本番までもう少し練習を頑張ろうと思っています。