結婚前の借金を配偶者が返済しないといけないケース

結婚をする前に片方が自分で作った借金は、結婚をした後には配偶者が返済する義務はありません。
したがって、借入を作った張本人が何と言おうと、もう1人の配偶者が返済をする義務はありません。
督促も本人にしかこないでしょう。

しかし、ある場合に限ってはそれは通用しないこともあるのです。
それは借金の連帯保証人になっていた場合です。

例えば、結婚前。
恋人の借金の連帯保証人になるケースというのは、そうあるものではないと思います。
むしろ、借入の存在すら知らずに結婚をすることも多々あると思いますから。

参考:借金 結婚前

しかし、結婚前に恋人の借入を知っており、かつ連帯保証人になってくれと頼まれてなった場合は別です。
自分からなってあげたとなれば、当然本人に資力がない場合には、その人が借金を返さないといけないとなります。

連帯保証人自体のリスクは多くの人が認識していると思います。
簡単になって良いものではありません。

ちゃんと返してくれるだろうとか、自分に督促がくるようなことはないだろうと油断していると、結果自分が返さないといけないこともあります。
結婚を考えるほどの相手だったとしても安易に連帯保証人にはならないようにした方が良いでしょう。

連帯を強要してくるような場合であれば、そもそも信頼できるか?も疑問です。
借金を押し付けてくる相手は結婚相手としてどうなのか?考えた方が良いでしょう。