レコードと池袋CD買取

最近音楽を聴かなくなってしまいました。
学生の頃はステレオやウォークマンで毎日音楽を聴いていたものですが、レコードやカセットテープからCDに移り変わり、最近ではダウンロードして視聴となるにつれて、音楽を聴かなくなってしまい、今では専ら車の中で聴くだけになってしまいました。

子供の頃、池袋の実家には観音開きで四本足のステレオがあり、当然レコードしか聴けませんでした。
回転数の切り替えスイッチがあり、シングル盤は45回転、LP盤は33回転で、よく回転数を遅くしたり速くしたりして遊んでいました。

またプレーヤーのアームがLPレコードには対応していなかったのかもしれませんが、通常アームがレコード盤の端まで来ると自動で戻るところ、LP盤だと途中でアームが降りてしまい、針でレコードを傷つける事になりました。

そのためにいつもアームの降りてくる位置に指を置きアームを待ち構えるのですが、なかなか位置とタイミングが合わずにアームがレコードの上を「ギーッ」となり、父親の大切なレコードを傷つけて怒られたものでした。
 
レコードは傷や埃に弱く、専用の布で小まめに拭き取るなど、良い音で聴くためにはなかなか大変でした。
CDはレコードに比べると音質も格段に良くなり、扱いが本当に楽になりました。

でも時々、パチパチと雑音混じりで、サッチモやアートブレイキーなどJAZZの名盤を聴いてみたくなるのです。
池袋の中古ショップにCDは買取に出してしまいましたが、レコードはまたいつか買ってみたいですね。

参考:池袋CD買取