サッカーJリーグ「横浜FC」に所属する三浦和良選手。

サッカーJリーグJ2「横浜FC」に所属する三浦和良選手についてのレビューです。
今なお、現役にこだわり続け走り続けるキング三浦和良選手こと三浦和良選手。
現在50歳になります。

その衰え知らないサッカーへの情熱と探求心により、見る人の心を魅了している愛すべき名選手です。
サッカー選手としてのキャリアは既に30年を超えています。
サッカーという激しいスポーツを50歳過ぎまで現役でしかもプロとして行うというのは、まさに異例のことであります。

これまでの長いサッカー人生の中で様々なことがありました。
三浦和良選手がサッカー選手として活動をはじめたころは、日本にはまだプロサッカーリーグはありませんでした。
15歳の三浦和良選手は単身プラジルに向かい、18歳でプロ選手として契約し、サッカー選手として現在まで活躍しています。
ブラジルから帰国後は、当時日本リーグの読売クラブに所属します。

その後1993年、Jリーグの発足に伴いヴェルディ川崎に所属し初代のJリーグMVPとして大活躍し、創設まもないJリーグを背負う看板スター選手として華々しく活躍します。
以降、イタリア、クロアチア等への海外リーグへの参戦、Jリーグへの復帰など繰り返し
複数のチームを渡り歩きました。