イルカが大量死のニュースに大地震の不安。

しばらく前に茨城県の海岸にイルカが大量に打ち上げられたニュースがあって、原因はおそらくエサである魚の群れを追いかけているうちに地形などの影響で打ち上げられたということを言ってましたが、東日本大震災の1週間前にもこの付近で大量のイルカの打ち上げがあって、打ち上げは地殻変動の可能性もあって大地震が起きる前兆なんてことを言っていたのを聞いたので、その可能性も否定できないと思ってまた大地震が来るのではないかと少々不安になっていました。

大地震をちょっと本気にしていた部分もあったので外出するのはなるべく遠くへ行かず、しばらくは地震が起きて交通機関がストップしても歩いて帰って来られる範囲までのところにしか行きませんでした。

しかしイルカの打ち上げから2週間ほどして大地震が起きることはなく、そんな大地震の不安も日が経つにつれて徐々に薄れてきてようやく大地震の不安がなくなりました。
これでもうどこへ行っても大丈夫だと思うようになりましたが遠くへ行く用事もありません。

テレビで大地震の予兆なんて不吉なことを言い、普段はあまりこのような類のことを聞いても信用しないのにちょっと信用してしまい、遠くに外出もできない2週間を過ごしてしまいました。