イライラしたときなど、自分の中では鬱憤が消化しきれず、ストレスが溜まりに溜まったときにどう対処しますか。
私は人に話を聞いてもらっています。
といっても、自分をさらけ出してグチを言える人っていうのは数が限られていますけど・・・。
Read the rest of this entry »

スパゲッティをいろいろな味付けで食べることがありますが、その多くはトマトソースになると思います。挽肉をベースにミートソースを作り、トマトピューレなどで具だくさんのトマトをソースにしてミートスパゲッティが完成します。
イタリア料理はトマトを使う料理が多く、パスタにも抜群にトマトが合うのですが、私が好きなのはホワイトソースを使ったクリーム系のパスタです。魚介の風味がたっぷりのクラムチャウダーのようなソースを作り、そこに固めに茹で上げたパスタを加えるのです。
クリームパスタとかスープパスタになると思いますが、ミルク風味もしっかりと合うのです。
そこで疑問なのが、カレー風味のパスタというのは今ひとつ聞いたことがありません。
カレーをうどんに混ぜてカレーうどんは定番ですが、カレーパスタ(カレースパゲッティ)とは聞かないので、これは合わないのかもしれないと思ってしまいます。
まずは試してみないと結果がわからないので、ペペロンチーノの要領でオリーブオイルベースのパスタを作り、カレー粉をかけてみました。
なんというか・ ・ ・カレーうどんとほぼ同じ味になるのです。
これが美味しいかどうかに関しては微妙なところです。
ちゃんと食事としては成立しているものの、 「カレーうどんで良いのでは? 」というのが感想です。

先週末、子ども関係のイベントに参加しました。
動物園での写生大会です。
仕事に行くときはプロフェッショナルに見られたいのでしっかりとしたファッションで行きます。
でもオフの日だし、外を歩くのでルースな雰囲気のチューニックで行きました。
偶然、仕事が同じ方に出会い、今日の服装はいつもと違う、シャープなファッションもいいけれどこういうのはすごくいい、と言われうれしくなりました。
私は季節ごとにいい感じのアウターを探したり、ファッション雑誌をめくったりしています。
知り合いからの嬉しい言葉もあり、週末にあった別のイベントに再び子どもとお出かけしたときには、フォークロア的なトップと、結構はいている白のスカートで行きました。
サンダルはブラウンにしたかったのですが、マッチするものがなく、黒で妥協。
ネックレスもこれもまたフェザーが付いているものをつけていきました。
また偶然に、仕事関係の別の人に会ったときに、いいね、といわれました。
オフィスに行くときは定番の服装だけになりがちです。
これもプロフェッショナルの自分のイメージ作りにはいいかもしれません。
でも、こういうオフのときぐらいは遊び心で手持ちのアウトフィットを楽しむべきですね。
毎日会っているお仕事関係の人たちから意外なファッションをしているんだ、とサプライズ的なことを感じさせるのも楽しいことです。
次は、子どもとのペアルックやコーディネートをやってみようかしら。

昨日は初めての結婚記念日。
付き合っている時から記念日は終わってから気づくというくらい、その辺には無頓着な夫婦ですが、さすがに昨日は食事にでかけました。
記念の食事というより、単純に外食する言い訳が欲しかったのかもしれません。
Read the rest of this entry »

悪天候の日に、外出をしないでよい日だとほっとする。
逆に、仕事の為に、どんなに悪天候でも出勤しなくてはならないこと、それは本当に大変なことだ。

雨、風、雪と、このところ極端に激しい暴風雨や、、一昔前は珍しかったゲリラ豪雨、ときには竜巻、ドカ雪…など、悪天候にふりまわされる。
危険や恐怖もたくさんある。

悪天候の日に、外出をまぬがれて、電車運行状況や、突風の被害など、心配しながら見ていると、自分は屋内にいるありがたさを感じ…
屋外の出来事を一種の映画を観ているような感覚になりながら…
ちょっとほっとしながらも、ニュースの中継を見ていることが多い。
そして、実況の記者の方々の苦労を目の当たりにする。

ターミナル駅などに記者が取材に行って、天気や人の模様を実況する。

記者の人は、完全防備をして実況しているが…
ウインドブレーカーや防寒着に、手袋に傘、足元は長靴や雪用のブーツなど。

どれだけ着ているものが風でなびくか、どれだけ傘が風で飛ばされそうになるか、どれだけウィンドブレーカーに雨水がたたきつけられるか、などで、テレビを見ている人にも状況が伝わる。

マイクだけは離さなりようにしっかり握っているが、傘の骨は折れておちょこになってしまったり、雪の中の実況では、フードがついている防寒着でも、あえてフードや傘をささずに、髪の毛につもる白い雪がどのくらいかが、伝わるようにしているみたいだ。

そして、雪ですべりやすい道路や歩道橋では、たぶん注意を喚起するために、自分のながぐつで、つるつると滑ってみせてくれる。
「滑らないようにお気を付け下さい!」と。

…でも、たいていそのような実況の後ろに映る、帰宅する会社員たちは、だいたい、すごい速さで、さっさと歩いて通り過ぎたりする…。

« Older entries