ここ最近夢中になっている事があります。それは株取引です。
今年に入って日経平均の急激な値上がりや海外市場の急成長などよいニュースが飛び交っていて、
今のところ満足のいく結果を得られています。
Read the rest of this entry »

少し占い師とカウンセラーについて少し話題になったのでここでも語ってみようと思います。
先に結論を言ってしまうと占い師は昔のカウンセラーだという話になりました。
占い師の仕事としては人の悩みや道に迷った時、未来を読みし、アドバイスして悩みを解決するところに重点があると思います。
またカウンセラーも人の悩みや道に迷った時に話を聞き、一緒に悩み考え、一緒に解決していくところに重点があるように思います。
やり方は違えど、やってることは同じように思います。
カウンセラーの歴史は比較的、短いですので、カウンセラーがない頃は占い師がその仕事も兼任していたように考えました。
事実、心理学の歴史などで名前が出てる人を調べてみると、占いの方にも出て来ることもあったりします。
そういった事実関係から心理学の先駆者も占い師を勉強してる方が多いということが見えてきたようにも思います。
心理学でも人の行動原理から100%とは言えないながらも先読みはある程度できるという考えもあるそうです。
ここから、私は占いを勉強することから心理学の新しい一面が見えてくるような気がしました。
同じ方向性の仕事なので関わる部分が多いのも当然と言われてしまえばそうなのでしょうが、占い師とカウンセラーは別物だと考えてたところがあったので、今回の話は目からウロコみたいな気持ちになりました。

現在2か月半になる長女がいます。
生まれるまでは、会えることが本当に楽しみな反面、ちゃんとやっていけるのかな‥等不安もたくさんありました。
12月24日に出産を経て、里帰りをし、先週の日曜日に3人でこれから新しい生活を送るお家へと帰ってきました。

夜中は2時間おきに、起きて泣くので、あまりまとまった睡眠はとれないし、
日中も、おむつを替え、ミルクをあげて、抱っこしているのに泣き止まず‥。
里帰り中は私の母が料理を始めとした家事を全てやってくれていたのを、家に帰ると、主人も手伝ってはくれるけど、家事をするようになると
ますます自分の時間がなくなり、疲れが少しずつ蓄積されていくのが分かります。

なんで泣いているのかわけもわからず困ってしまう毎日ですが‥最近にこっと私の顔をみて笑うようになりました。
出来るようになることがどんどん増えていくことや、天使の寝顔と、微笑みは私の宝物だな‥と感じます。
この子にとって、ママは私であり、唯一無二の存在であるように、私にとっても長女はかけがえのない存在です。

困ることもたくさんありますが、パパと共にこれからの娘の成長を楽しみにもう二度と戻ることのない今日を、子育てを、楽しんでいきたいと思います。

最近になって、主人が英会話を習いはじめました。
そんなに英語ができるわけではない主人なのですが、小さい頃英語だけで話す幼稚園に通っていて幼稚園生の頃だけは英語がペラペラだったおかげか、仕事で海外出張が増え、通訳の人を連れていくので大して話す機会はないのですが、通訳の人の隣できいていたからか、最初にテストされ、レベルを決定してもらった時に、最低レベルのクラスではなく、その次のレベルと判断されてしまいました。
Read the rest of this entry »

アイディアをぱっと見でわかるようにまとめたいと思い、何かそういったことに使える良いフリーソフトはないかなと探していた。
調べていると、アウトラインプロセッサもしくはマインドマップというキーワードで探すのが良さそうだとわかってきた。
アウトラインプロセッサで人気があったのはStoryEditorというもので、物語を書くのに使えるだけでなく、私が求めているアイディアのまとめツールとしても優秀らしい。
ちょっと使ってみたところ、確かに機能として良さそうだったけど、少々見た目的に味気ないかなと思ってしまった。
若干の欲が出て、もっとグラフィカルに出来るツールを使ってみたくなり、今度はキーワードをマインドマップのほうに重点を置いて探した。
そして最初に気になったのがXMindだった。
まさに求めていた見た目のもので、ツリー構造により一目で全体が把握できる。
一応有料版もあるが、無料の範囲で十分使えた。
何よりデザインがオシャレで、操作も直感的で文句なしだった。
ところが、入力するツリーが肥大化してくると、ちょっと読み込みや動作にもたつきが出てきた。
グラフィカルなだけあって、リアルタイムに行っている処理が多いのだろう。
私の7年物の安いPCだとなかなか描画が厳しい。
仕方ないのでもう少し軽いものはないかと探し、見つけたのがFreeMindだった。
機能的には似たような感じだが、描画はシンプルで軽い。
ただ、気になったところをカスタマイズしようとすると結構手間がかかるようだ。
このソフトは玄人向けといった印象を受けた。
もう少し手軽に使いたいと思い、結局またStoryEditorに戻ってきた。
この時点で既にグラフィカル要素はどうでもよくなっていた。
改めて使ってみると、動きはサクサクだしエディタなだけあって各要素にしっかりと文章も添えられるし、何の問題もなかった。
なんだ、これでいいんじゃないか。
遠回りはしたけれど、今後はずっとこのソフトを使うことになりそうだ。

« Older entries